覚悟の違いを見せてやる

みなさん、こんばんは
かすてらです

僕の好きなギャングスターの言葉に

「覚悟とは、暗闇の荒野に、進むべき道を切り開くことだ」

というのがあります

今日の僕は、まさにそんな心境でした


朝起きた時は、まだ恐山に行こうか峠を攻めようか悩んでいました

でも、天気もなんとか持ってくれそうだし、やるしか無いだろ、ということで、朝ごはんを食べて峠に向かうことに


ちなみに、最初から2日に分けて大間まで行く予定でした

海峡ラインでは峠を3つ越える上に、そもそもむつ市からだと大間まで100km以上あるので


途中、最後の大型スーパーで食料と水分をまとめ買いし、間違いなくこの旅での最重量装備で峠に挑みます


バッグを増やしておいて良かった

後輪を直しておいて良かった

どちらか一つでもダメだったら諦めていたかもしれません


漕ぎ出すと、重い

旅を始めて最初に自転車にまたがった時の事を思い出しました

気合が入りました


スーパー近くの自転車屋さんでタイヤに空気を入れてもらい、準備は万全


まずは峠の入り口で腹ごしらえ



猪豚という、猪と豚を掛け合わせた動物のチャーシューが入った、その名も〈猪豚ラーメン〉

チャーシューはまさに猪と豚の間をとったような独特な風味と食感で、美味しかったです


念のため、ここでもパンを買い、ついに峠にアタックです


いやー、キツかった

でも、エンドバーのおかげで、かなり楽になっていたと思います

立ち漕ぎする時に姿勢を高く保てるので、ペダルを踏んだ時に力と体重が素直に伝わってくれてました


最初にして最難関の峠を越えると、少し平坦な場所に出ます

そこには2つの目的をクリアできるポイントが

〈道の駅 かわうち湖〉です


この道の駅には〈ヒバソフト〉なる、木の名前を冠したソフトクリームがあるという情報が

気になりますよねー


売店のオバちゃんに注文したのですが…

なんと、去年の8月に作っていた会社が倒産してしまったそうで、今はもう食べられないんですって

ヒバの葉っぱの粉末とかミカンが入ったソフトクリームだったそう


代わりに黒豆ソフトを食べました



うん、地味


そしてもう一つ

ここにはダムがあるんです

勘のいい人はもう気付きましたね?


そう!金のなる木ダムカードをゲットしに行くのです

本州最北端のダムで、こんな辺境の地にあるんだから高値で売れるに違いない…うへへ…


ネットで検索したら二束三文でした…

ダムカードはもういいかな…

(色々と謝れ)


ちなみに、ダムカードというのは国土交通相が国営のダムで発行しているものだそうで

この川内ダムは県営なのでダムカードは無かったらしいのです


でも、テレビが全国のダムでダムカードをもらえると勘違いするような取り上げ方をしてしまい

実際に作ってくれというファンからの要望もあったので、国営以外のダムでもカードを作るようになったんだとか


売店のオバちゃんが教えてくれました

ダムとダムカード、けっこう奥が深いな…


さて、お次は仏ヶ浦

海峡ライン一番の観光地です


もうすぐ仏ヶ浦に着くというところで、ニホンザルの集団に出くわしました



この場所は、日本のみならず、世界で見ても人間以外の霊長類が野生に存在する最北限だそうで

いい光景が見られました


僕に興味を示してるコザルを、叱るように無理やり背中に乗せて逃げる母ザルもいて、超かわいかった(笑)


そして仏ヶ浦





まさに奇岩

数も大きさも圧倒的です


もっと近くで見てみようと岩に近づくと、急にアブの群れに襲われ、必死に腕を振り回して追い払っていたら腕がつりました…


峠は越える、僕もアブから守る

両方やらなくっちゃあならないってのが旅人のつらいところです


結局、汗だくになりながらも、一度も自転車を降りて押しませんでしたよ

覚悟してさえいれば、こんなもんです


いや、本当は知ってたのです

この装備の重さだと、押すよりも漕いだ方が楽だということを…(笑)


ということで、当初の目標通り、谷間の福浦という集落に着いてテントを張りました


記事が長くなっちゃったなぁ

この旅一番の無茶だったので、気持ちが入っちゃいましたね


明日も天気が保ちそうなので、大間を経由してむつ市に戻ります

恐山経由はキツそうだから無理かなぁ…

考えておこう…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かすてら

Author:かすてら
カステラ大好きなオジサンが自転車で日本一周をします
うどんも辛い物も好きです
どうろはぜんぶたいらなのがいいとおもいます

カステラを食べたくなった人の数

にほんブログ村 ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR