ギャップー!

みなさん、おはようございます
晴れを呼ぶ男・かすてらです

いやー、僕がいく先々が晴れてしまって困ります


おかげでほら
知床峠も行くまでは霧がかかってたのに、いざ着いてみるとこんな感じ



むしろ登りで晴れてると暑すぎるくらい…
汗だくになりながら登坂しました

登坂するなら曇ってるくらいがちょうどいいな…


登っている最中も雲に覆われていた羅臼岳(たぶん)でしたが、写真を撮るのにちょうどいい所まで登ると…



なんとか頂上も見えるくらいに!
いやー、晴れ男は困るなぁ


峠のほぼテッペン
ビューポイントになっている駐車場まで、何度か足はつきながらも一度も自転車を押して歩くことなく登りきりました!


さあ、そして峠を制覇した絶景がこちらです!




いや、あのさぁ…

流氷館の時といい、ここといい…
道東(以下略)


そして下りへ…
上りは灼熱地獄、下りは極寒地獄
逆ぅ…


そういえば、上りの途中に明らかに熊のフンらしきものが道路脇に…
初めて見た…


鹿と狐はいたけど、さすがに熊には会えませんでした
会わなくて良かったと思います


ヘトヘトになりながらも予定していたライダーハウス〈お気軽屋〉さんに
今回はしっかりライダーハウスに泊まりましたよ!


1階に大部屋1つ、2階に大部屋1つ小部屋1つあるのですが
店の人が何かを察して配慮してくれたのか、2階の小部屋に案内されました


赤とかピンクが多めなので、たぶん普段は女性が来た時の部屋なんだと思います
せっかく覚悟を決めてたのに…


そして夕食です

実は昨日泊まったクリオネキャンプ場で一緒になったライダーさんが情報をくれていたのです

ここの夕食は凄いらしい、と


お気軽屋さんは、(おそらく)同じオーナーが経営している食堂とか民宿の一角にあり、お願いするとご飯も出してくれるのです


夕飯が出てくるまでなぜか30分くらい待ちましたが、出てきたものがこちら



ボリュームが凄い
味噌汁にはが入っています

さらに、あとからこんなものまで



スゲェ…
でもね、驚くのはそこじゃないんですよ


この夕食のお値段、なんと600円です
知床峠を越えたご褒美ですね


ご飯を食べていると、ライダーハウスの他のお客さんが何やら盛り上がっている


どうやら偶然関西から来ているライダーさんが沢山いたようで、地元の話をしているようでした

さすがにこの輪の中には入っていけない…


そそくさと部屋に戻った根性無しなのでした

店員さん、部屋を別にしてくれてありがとう!


さて、これから2日くらいは天気が悪いようなので、ここで雨をやり過ごそうと思います

またあの夕食が食べられるかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かすてら

Author:かすてら
カステラ大好きなオジサンが自転車で日本一周をします
うどんも辛い物も好きです
どうろはぜんぶたいらなのがいいとおもいます

カステラを食べたくなった人の数

にほんブログ村 ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR