スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の理

みなさん、おはようございます
かすてらです

最近、寒くて景気付けにお酒を飲むので、なかなか夜にブログを更新できません

ちなみにお酒を飲むと結果的に体温は下がるそうなので、体を温めるという目的では飲まないほうがいいみたいです


知っていて何故やるのかというと

僕の場合はテコでもここから動かないぞ、という決意表明といいますか


今までは、怒られたりしてもいつでも移動できるように、お酒を飲まないようにしていたのですが

もうこの寒さで真っ暗の中ウロウロするのはキツイじゃないですか…

だから願掛けみたいな理由で飲んでます


怒られた時は…

自転車を押して次の野営地を探します…


さて、昨日の話ですが

朝一で〈仁摩サンドミュージアム〉に行きました


レビューに「700円の入場料にしては少し内容が薄い」と書かれていたので少し不安があったのですが

みなさんももうお気付きでしょうが、僕はどうやらモノの楽しみ方が人と少し違うようでして

結構楽しめましたよ



これが世界一大きな砂時計

一年計だそうです

よく分かんないですよね


こちらが↑のすぐ下にあるレプリカです



下半分だけでも僕の身長より大きいです

作るのに莫大な時間とお金を要するらしく、こちらは動きません


大晦日には歳男歳女を抽選で招待して、この一年計をひっくり返すイベントを行なっているそうです


そして、その周りには砂を使ったオブジェが



時間が来ると回転を始め



180度回転してほぼ同じ形に落ち着きます




反対側にはこちら



こちらは↑のものとは違い、穴の開き方が一定ではないので、回転するたびに砂の落ち着く形が変わります



美しい

これを芸術と言わずしてなんと言おうか


この他にも、いろんな砂時計やオブジェが展示されていて、ついつい見とれてしまいます

時間を計るものを見て時間を忘れるというのは、なんとも風情があっていいですね


顕微鏡もあって、砂や貝殻を拡大して見ることも

これがまた楽しくて

帰ったら顕微鏡を買うのもありかな、と思ってしまいました(笑)


ちなみに、このサンドミュージアムを設計した人が〈高松伸〉さんという方で、いまサンドミュージアム内に少し展示があるのですが

島根のいろんなところで仕事をしているらしく、いままでお世話になった玉造温泉のゆーゆ(入浴)や、松江市のくにびきメッセ(野宿)のデザインもしているそうです


どうりで面白い形をしてるなぁと思ったわけです

なんとなく縁のようなものがあった…のかな?(笑)

国内だけじゃなくて海外でも活躍している方のようですね


さて、あとはひたすら目的地まで進むだけなのですが


実は昨日

稚内、青森、松江と3カ所で会っていた石川県発の旅人テッペーさんが無事にゴールされました!

おめでとうございます!


他の人たちもどんどんゴールしているのですが

なかなかリアルタイムでブログを更新している人がいなくて、こちらも把握しきれなかったりで紹介できていないのです^^;


すでに何度もブログにも書いているのですが、僕は何か目的があってこの旅を始めたわけではないです

そんななか、いろんな旅人と出会えた事だけでこの旅を始めた意味があったと思えるようになりました

そのくらいいろんな刺激をもらって、楽しい時間を過ごしました


知っている旅人が次々とゴールしてしまって、少し寂しい気持ちもありますが

みんなそれぞれ生活があるので、そんな事も言ってられないですからね(笑)


さて、本日ですが

無理をしないで雨をやり過ごすことにしました


進む事も考えたのですが、よく考えたら僕、防水のグローブ持ってないんですよ

この時期グローブ無しで走るのは不可能なので


幸い、レストランは充実している道の駅なので食べるものには困らないし、雨が止むまでユックリします


おとなしくゲーセンは諦めましょう

おとなしく…諦め…

うぐぐ…


↓のバナーを押してもらうと、ゲーセンに行けない悔しさが少しだけ紛れますm(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かすてら

Author:かすてら
カステラ大好きなオジサンが自転車で日本一周をします
うどんも辛い物も好きです
どうろはぜんぶたいらなのがいいとおもいます

カステラを食べたくなった人の数

にほんブログ村 ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。