スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんぶ妖怪のせいだから(震え声)

みなさん、こんばんは
かすてらです

今日はまた予定が大幅に変わってしまいました

それというのも全て妖怪のせいなのです


いや、違うんだけど

いや、違わないんだけど


今日は境港にある〈水木しげる記念館〉に行ってきました



すげー楽しかった

予定では昼過ぎには米子に戻ってきているはずだったのですが

記念館を出た時間がもう14時だったからしょうがない


だって水木しげる全集とか貸本集とかあるんだもの…

何日あっても足りやしないよ…


そのあとも水木しげるロードでお気に入りの妖怪のブロンズ像の写真とか撮りながら歩いたから…

あ!歩いてたら鬼太郎ねずみ男がいたから写真撮ったよ!





もう最高ですわ


記念館の中を見て回ってる時に、スタスタと歩いて流し見する人ばっかりで

興味無い人が来ても、そりゃつまらないだろうなぁと思っていたのですが

興味が無い人も来るというのは物凄いことだよなと、あとになって思いました


どの店も鬼太郎グッズが置いてあって、自転車の旅じゃなかったら買いまくってただろうなぁ…

飲食物もこんな感じで





いやー、満喫しました

欲を言うなら、もうちょっと悪魔くんのグッズがあってもいいんじゃないかなー

無理だろうなー


さあ、そして妖怪神社にも寄りました

神社に行ったらやることがありますね

そうです、おみくじです


まさかここでも小吉が出るなんてミラクルが起こるわけが



マジかよ妖怪ヤベーな


なんか小吉といい、昨日の出来事といい、その他のミラクルといい

嘘ブログ乙とか思われてるかもしれないけど、全部マジなんですよ

自分でもこんなに毎日書くことに困らないのが驚きです


そんなこんなでモンベルに行く時間がなくなってしまったのです

おかげで明日以降の予定が狂ってかなり面倒くさいことに…(笑)


明日の夜から明後日いっぱい雨が降るというのがネックなんですよね

ぜんぶ妖怪のせいだな、うん


帰り道は鬼太郎とか悪魔くんの歌をフフフンと鼻歌まじりで、足取りも軽快でしたよー

またそういうややこしい事を…

みなさん、こんばんは
かすてらです

今日は眠かったです

とんでもない起こされ方をしたのです


早朝4時ですよ

なんか知らないオバサンが僕を起こすんですよ


マジ迷惑ですよ

頭おかしいですよ

しかもなんか言ってるんですよ

その内容を書きますよ


「青い自転車に乗ってでっかいリュック背負った高校生くらいの男の子を見ませんでしたか」

とか、切羽詰まった顔で言ってんの


知らねーよ!

そんなことで起こすなよ!




…え、ヤバくね?

家出?失踪?


特徴を聞いても見かけた記憶がなかったので、その旨を伝えました

オバサンは伏し目がちに去って行きました


そっからはもう目が冴えちゃって

しばらく寝られませんでした


冒険するのはいいけど、親に迷惑かけちゃいけませんね

もう見つかったのかな

誘拐とかじゃ無い事を祈りましょう


今日は、本当は昨日走るはずだった道を走ってきました

道中に〈青山剛昌ふるさと館〉というのがありました

名探偵コナンの作者ですね



とりあえず外で写真を撮ってそそくさと出発しました

僕はYAIBA派なので、コナンばっかりだと楽しめないかなぁと思いまして


そして、その先の道の駅で〈牛骨ラーメン〉というのを食べました



あんまり聞いたこと無いですよね

あっても良さそうなのに


食べてみて、あんまり無い理由がわかりました

クセがすごい


牛臭さが結構きます

僕は美味しいと思いましたが、これは結構意見が分かれるところだと思います


本当は昨日進めていれば今日は〈大山(だいせん)〉のモンベルに行く予定だったのですが

今日中に行こうとするとスケジュールが厳しくなりすぎるのでスルー


あした境港に行って、一旦モンベルまで戻って用事を済ませてからまた進みます

ややこしいルートになってしまいました


まあなんとかなりそうなので、よかったかな

もちろんゲーセンは外せませんよー

みんな鳥取のことバカにするけどさぁ

みなさん、こんばんは
かすてらです

地震の被害が少なかったのは人口密集率が低いからだとか、やっとスタバが来たとか、やっと自動改札が来たとかさぁ…




全部マジだった

これはバカにされても仕方ない


冗談はさておき、そういえば僕が寄ったイオンにスタバがあったんですよ

テレビで見た鳥取1号店は路面店だったはずだから、もう他にも店舗ができたんだと思ってたんですけど


調べてみたら、作らざるをえなかったんですね

こういうのって、近い地区にある程度店舗が固まってないと、輸送費とのバランスが取れなくて赤字になっちゃうんですって


コンビニとかが近いところに同じグループの店舗を作るのはなぜだろうと思ってたのですが

そういうことだったんですね

面白い


さて、ところで今日ぼくが何をしたかと言いますと

10km弱走りました…


いや、だって風強いし寒いし雨降ってくるし…

ちょうどかなり快適そうな道の駅でストップしたので、もうここに泊まることにしました


それが〈道の駅 神話の里 白うさぎ〉です

この道の駅、となりにまさに〈因幡の素兎(いなばのしろうさぎ)〉に所縁のある神社がありまして



参道にこんなのが等間隔に並んでたり



こんなところにも砂の彫刻があったり

わりとカジュアルな感じになっております


恋人の聖地とか言ってるし

言わずとも爆発してもらいましょう


道の駅にもこんなものが



これ、僕は気付いてなかったんですけど

3人組の女の子が「かわいい~」「ペットボトル!」と言っていたのを聞いて、どゆこと?と


近付いて見てみたら



ペットボトルの蓋でモザイク画を作ったんですね

来場者が手伝って作ったと解説が書かれていました


砂の美術館といい、そういいのいいですよね

来たくなる

いい工夫だ


さて、明日は風は無いものの今日よりも寒くなるようです

でも進まないと

主にゲーセンのために

茶色ばかりだった日

みなさん、こんばんは
かすてらです

一昨日の予告通り、今日は鳥取砂丘に行ってきました



でも今日は曇っていました

じゃあ上の写真はなんなのか


実は、きのう砂丘を通りかかった時にあまりにも天気が良かったので、今日晴れる保証もなかったし念のため何枚か撮っておいたのです

大正解


ちなみに、せっかくだからラクダにも乗ろうと思っていたのですが、高すぎたので諦めました

ちょっとしか乗れないのに

ラクダの写真を撮るのもお金を取られるので、ラクダの写真もありません



ところで、遭難防止のためなのか、砂丘のあちらこちらにこんな座標を示す棒が立ってたのには笑いました

さすがに遭難はしないと思うんだけど


霧とか出てたらするのかな

出るのかな


砂丘を楽しんだあとは、目の前の土産物屋さんで腹ごしらえです

(まだ朝ごはんを食べてなかった)


この辺りはトビウオがよく獲れるようで、〈アゴカツ〉というトビウオのハンペンをカツにした物を推していました

そして鳥取砂丘といえばラッキョウ


ここで僕に名案が浮かびました

アゴカツカレーを注文すれば、付け合せにラッキョウが付いてくるんじゃね?と


さっそく注文してみました



残念

砂丘としてはラッキョウはブランド化したいようで、安売りはしてくれないみたいです

試食はやってたから、そっちで食べまくったけど


そしてお次は〈砂の美術館〉です

これがまた凄かった







接着剤とかは一切使わず、鳥取砂丘の砂と水だけで作っているそうです


しかもこれ、1年足らずで壊すんですって

毎年テーマを変えて、新しいものを作るんだそうです


本当にすごい

これで入場料が600円というのもまた凄い


クリスマスシーズンにはプロジェクションマッピングもするそうなので、時期が合っても合わなくても、とりあえず行くことをお勧めします


時期によっては、来場者が大型の作品を作るのに携われたりもするみたいです

ちっちゃいやつなら毎日制作体験できるみたいでしたよ


ちなみに、どうやら正月の三が日以降から大体4月の中旬頃までは、制作期間ということで閉館するようなので注意してください


砂の美術館を堪能してから、自転車を置いてある一番端の駐車場まで歩いて戻ったのですが

行きは砂の上を歩いてるから長く感じるのかなと思ってたのですが、ただただ遠かっただけみたいです(笑)


カレーを食べたのが遅めの時間だったのですが、昼過ぎに通りかかったチキンカレー専門店が気になり、昼もカレーを食べましたとさ

右往左往

みなさん、こんばんは
かすてらです

地図を見て絶望していた程の傾斜ではなかったけど、それでもやっぱりキツかったです

足に疲労が溜まっているのが朝からわかっていたので、今日は道を選んで走りました


そしたら内陸に入ったり海岸線に出たりを繰り返してしまった

そのせいか、直線距離で見たら60,70kmのはずなのに、気付いたら100km走ってました


ところで、ここのところチョイチョイこの看板を見かけるんですが



一番右の奴なにやってんの?(困惑)

チェーン交換に入ってきた車に轢かれても文句言えないでしょ(笑)


そしてやっぱり景色が綺麗











京都、兵庫の日本海側、バイパスとかあって道はややこしいけど綺麗です


目的の道の駅に到着して時間を潰していると、休憩スペースが閉まるということで席を立ち

テントを張れる時間になるまでどうやって時間を潰そうかと考え、道の駅に併設されている飲み屋に入ることにしました


本当は頑張ったご褒美に連日の温泉と思っていたのですが、少しだけ離れているし冷え込みがヤバかったので断念です


で、飲み屋で飲みながら時間を潰して、そろそろかなとお店を出て休憩所の前を通ると…

休憩所まだ空いてるやんけ…


ということで今は休憩所でブログを更新しているのでした

寒すぎるので寝る時だけテントだぜー


明日は楽しみにしていた鳥取砂丘に行こうと思ってたんだけど、よりによってやっぱり日曜日…

明日は連日の頑張りをねぎらって鳥取市内でユックリゲームして、月曜日に少し戻って砂丘を満喫しますー

もう私は以前の私とは違う

みなさん、こんばんは

かすてらです

今日は起き抜け一発、〈天橋立〉まで行ってきましたー

日本三景のひとつです


松島の時のようなヘマはしません

僕も成長するのですよ


やっぱり夜中に雨が降ってたし天気が心配でしたが、なんと雲一つない青空!

やったぜ!

支度を整えて出発します!

そして天橋立の中を走り抜けます!

少し進んで気付きます!

あれ、これもしかして高い所から見ないと意味ないやつじゃね?

ちょっとモヤモヤしつつも、とりあえず渡りきります


天橋立って、両側に高台があるんですよね

だからそっちに登ればいいかなーなんて考えていたんです


ところが、正直、北側の高台は位置的に角度が微妙っぽい…

そしてゴンドラの料金が700円…高い…

500円くらいなら喜んで飛びついたのですが


調べてみると、反対側はいい感じで見れるみたい

しかし100円高い800円…


ここで、僕は気付きました

あれ、片道400円て考えたらそんなに高く感じない不思議!(錯乱)


ということで猛スピードで対岸に戻ります

天橋立、砂地だから走りづれぇ…


そして登ります!

写真を撮ります!

青空に天橋立の緑が映えたいい写真が撮れたに違いない!

写真がこちら!



どうしてこうなった…orz

いやー、最初から登ってれば青空だったんだろうけど

僕が登ってる間にグングンと雲が…


まあそれは置いておいて

この天橋立、股のぞきという有名な眺め方がありまして


天橋立にお尻を向けて立ち、広げた足の間から覗くという方法なのですが

なんかこの股のぞきでイグノーベル賞を取った人がいるらしいんですよ(笑)


そもそも、なんで股のぞきなんて眺め方が広まっているのかという話なんですけど

股のぞきで天橋立を見ると、距離が近く感じて迫力が増すらしいのです


これは僕もやってみて実証済み

確かに普通に見るよりも、股のぞきで眺めた時の方が迫力を感じました


ところがこの近く感じる現象、他の方法だと起こらないそうなんです

例えば、上下が逆さまに見える眼鏡をかけて眺めても、写真を撮って逆さまにしても近く見えない

股のぞきの時にだけ起こるんですって


というような事を論文にまとめたらイグノーベル賞からお声がかかったそうです(笑)

青空じゃなかったけど800円分は十分楽しめたかな!


そのあとは伊根の舟屋を見たり



綺麗な景色を見たり(晴れてやがる…)



これほど説得力のある飛び出し注意の看板もあるまいと思ったり



なんか色々イベントやってる、観光客にも地元民にも愛されてる温泉に入ったりしながら(宿泊もできるよ!)



(売店の会計10%引き券ゲットしたよ!)

本日の目的地に到着


いやー、今日はキツイのわかってたけどキツかったなー

景色が綺麗なことに救われました

明日も明後日もキツそうだけど頑張ります(白目)


ところで、残りの一景ってどこ?

まさかもう通り過ぎちゃったなんてことはないよね?

オバマは何を思うのか

みなさん、こんばんは
かすてらです

無人駅はかなり快適でした

朝早かったから一日中眠かったけど


ようやく西に向かえます

道はね、もうメンドクセーから海沿いとかゴチャゴチャ言ってないで大っきい道を行くことにしました


この辺の道、本当にややこしいんですよ

明日もどう進もうか検討中です


さて、今日の目的地は舞鶴だったのですが、朝早かったのでもう少し進めそうです

ということで、少し先の宮津という所まで行くことにしました


まず最初に通った町が小浜市

そうです

あの某大国の大統領と同じ名前だからと勝手に応援している、あの小浜市です


道の駅に行くと、土産物コーナーに所狭しとオバマグッズが置いてありますよ



こんな物まである始末


オバマさんが大統領じゃなくなったら、小浜市はどうするんですかね?

応援し続けるという名のフェードアウトをしていくのかな

今度は任天堂と手を組んでトランプを売り出したら笑うけど


そして舞鶴です

実は舞鶴には大学時代の友達がいるはずなのですが
ほぼ連絡を取っていないので通り過ぎました

いまさら連絡しても泊めろと言ってるみたいで嫌ですからね(笑)


宮津に着くと、テントを張ろうと思っていた道の駅のすぐ隣に町で一番の大きさであろうイトーヨーカドー的な建物があったので、そこで時間を潰すことにします


というか、道の駅が小さすぎる上に場所的に目立ちすぎるのでテントが張れなそう…

隣の公園かどこかにしよう

夜中に雨が降るみたいなので、それを凌ぎたいんですけどね…


で、隣の施設でご飯を食べたんですけど

そこにこんな物が



懐かしすぎる(笑)

100円入れると星座ごとの占いが出てくるアレです


昔は白しかなかったのに、最近のはオシャレなんですね

結果は小吉でした


そして、店を出るとこんなものが



懐かしすぎる(笑)

出てきたガムの色で運勢を占うアレです

結果は小吉でした


みなさん、思い出してください

ちはやふるおみくじの結果を

小吉です


もう今年いっぱいはどう足掻いても小吉みたいです

でも実は小吉って割といい方なんですよね

ラッキーと思っておきましょう


さて、そろそろ寝所を決定しないと…

明日は行き先に道の駅とかがあんまり無いようなので、久々にヤバイ感じです

なんとか寝るところと食料を確保したいと思います

お金を使わなくても時間は潰せる

みなさん、こんばんは
かすてらです

今日は結局、一日中図書館で本を読んでいました

その間も雨が降ったりやんだりを繰り返していたので、その選択は正解だったと思います


っていうか、あられも降ってきてるやんけ

あやうく顔面に風穴が開くところだった

停滞を決断してよかったぜ!


いや、ここのところ、時間を潰すといったらゲーセンに行って金を使ってばかりいたし

昨日はホテルに泊まって贅沢をしてしまったので
ここは締めんといかんな、と


昨日は主に昼寝をするために利用させてもらった敦賀市の図書館に、今日も行きました

本の数はあまり多くないけど、有名作家の本なら少しは置いてあります

僕は大好きな〈乙一〉氏の子供向けの小説を読んだのでした


乙一ファンの間では、作品の傾向を指して〈黒乙一〉〈白乙一〉という表現を使うことがあります


意味はほとんど字のままで

黒乙一がダークでグロテスクな表現の作品

白乙一がコミカルだったり切なくて泣ける作品という感じです


僕は本当はグロテスクな表現は苦手なんですけど

(血とか見るとクラクラするし、ゾンビゲームとか出来ない)

黒乙一の作品はそれでも読み進めたいという魅力があるのです


僕が読んだ子供向けの小説も、それなりのグロテスクな表現が含まれていました

小学生にオススメの本を訊ねられてこの本を推すことはありませんが、僕は楽しめました


僕が乙一氏のどこが好きなのかというと、乙一氏はちゃんと完結させてくれるんですよ

急にプツリと終わる表現が小説にあるのはわかるのですが、僕はそういうのはあまり好きではないのです


乙一氏の作品の、ラストの地の文章がたまらなく好き

静かに収束する描写が素晴らしい


ちなみに、僕のオススメ乙一作品は〈暗いところで待ち合わせ〉です

タイトルと表紙は怖い感じがしますが、白乙一です


一人暮らしをする盲目の少女の家に、殺人事件の容疑者とされる青年が忍び込むことでこの物語は始まります

身内を亡くして心を閉ざしてしまった少女が、奇妙な同居人との共同生活を通じてどう変わっていくのか

そして少女の家に忍び込んだ青年の本当の目的とは


ラストはもちろん僕の大好きな感じです(笑)

興味のある人はクリッククリック~ゥ↓




ととと図書館で借りたりしたらダメなんだからね!

↑をクリックするんだからね!


読書後の夕飯は懐かしの味〈寿がきや〉のラーメン



このスプーンとフォークが合体したやつがポイントです

昔とは形が違うけど

味は昔と一緒!


そんな感じで、今日は図書館に併設されてるカフェの店員さんたちが教えてくれた無人駅で寝ますー

ドアが閉まって完全に雨風を凌げるし、それなりに使う人も多い駅みたいなので、今日は珍しくテントを張らないで椅子で寝ます

寝やすいタイプのベンチだし


明日こそは進むぞー

明日も寒そうだけどー


進むったら進むんだからね!

…子供向けの小説、2巻もあったな


(ちなみに、個人的には乙一作品を読むならデビュー作である〈夏と花火と私の死体〉から読むことを強くオススメします。そんなの知らねーよという方は気になった本から読んでもらって構いません)

fool on the planet

みなさん、おはようございます
かすてらです

昨日は午後から雨ということで

この先の道がどうなってるかわからないし、敦賀に雨風が凌げそうな施設が見当たらなかったので、ホテルに泊まっちゃうことにしました


久々の贅沢

ビジネスホテルに泊まるのって、なんでこんなにワクワクするんでしょうね?(笑)


で、せっかくなので映画を見まくってやろうと

3本見ました


その中に、原作が大好きだった〈新宿スワン〉がありまして

歌舞伎町のスカウトマンがのし上がっていくお話なんですけど


人からチヤホヤされたい、左団扇で暮らしたいという気持ちはあるのですが

のし上がりたいというハングリーさが僕には無いのです


じいちゃんとばあちゃんが働き者なので、実家にいた頃はお金に困ったことがありませんでした

普通の家庭よりも少しだけ良い生活をしていたと思います


だからなのか

僕にはのし上がってやろうという気持ちが無いのです


と、そんな言い訳をして毎日をダラダラと過ごしている、根っからのクズなのです


ちなみに、今回のタイトルはthe pillowsの曲から取っています

これとnew animalは僕の人生のテーマソングにしたいくらい好きな曲です

反骨心溢れる名曲です


つまり、僕はハングリー精神は無いのに反骨心はあるという、人から見たら鬱陶しい塊なのです

hahaha!


そういえば、テレビで「今日はもともと気温が低い上に強風だから体感温度0度近いよー」と言ってました

そんなわけないやろーと思ってましたが、外に出た瞬間に「体感温度0度じゃねーか!」ってなりました


風強いし進みたくないけど、進まないわけにはいかない…

ダラダラと行きますか…


と思ったけど、雨が降ったりやんだりを繰り返してる…

きのう時間を潰した図書館で、もう1日やり過ごそうかな…


夜は雨が降らないみたいだけど、テントを張れる場所があるのか…?

あいあむ ふろむ 東京

みなさん、こんばんは
かすてらです

今日は移動日だったのですが、それでも何かあるのが旅です


道の駅を出発して琵琶湖沿いを走っていると、〈自転車処 どてるし〉というお店を発見

こだわりがありそうな佇まいです


そういうお店には入っちゃうよね

スポークの予備が減ってきたので買い足したかったし


すると、ここのご主人、かつて日本一周をしたことがある人でした

「なぜか日本一周してる人がよく来る」と言ってました


こだわりがありそうな佇まい効果だと思います

結果、欲しかった物は無かったものの、代わりになるものを格安で譲ってもらいました

ありがとうございます!


夕方になり、峠前の最後のコンビニに到着したので、辺りの写真を撮りながら一息ついていたのですが



ママチャリに乗った見た目東洋人の女性が、片言の日本語と簡単な英語で『紅葉した木を背景に写真を撮って欲しい』と


写真を撮ってスマホを返そうとすると「ワンモア」

この人、最初からそうだけどグイグイくるなぁ(笑)


写真を撮って少し話をしましたが、その女性はタイから来ていて、レンタサイクルでしまなみ海道を走ったりしたそうです

こういう時、もっと英語ができたらなぁと思います

そしたらいい感じになれるかもしれないのに


女性と別れてぼちぼちの峠を越えると、久々に帰ってまいりました

敦賀の街に


敦賀には道の駅が無いので、まずは寝床探しから始めます

良さげな公園が見つかったので、今度は晩御飯を食べる場所を探します


が、見つからない

諦めてスーパー銭湯で食べようと向かっている途中、住宅街の中に〈味処 孫四郎〉という小料理屋さんが

これは入るしかないでしょう


メニューには無いけど定食っぽいのも出せるということで、刺身定食を注文しました

僕がご飯を食べていると、大将が「近所の方ですか?」と話しかけてくれました


日本一周してるんですーと答えると、大将がそこから「すげー」を連呼(笑)

楽しい夕飯になりました


あ、日本一周してるとわかったら本物のカニ味噌をご馳走してくれました

大好物!ごちそうさまでした!


明日からまた西に進みます

この先は道がややこしいからどうしたものか…

いまだに迷ってます…

プロフィール

かすてら

Author:かすてら
カステラ大好きなオジサンが自転車で日本一周をします
うどんも辛い物も好きです
どうろはぜんぶたいらなのがいいとおもいます

カステラを食べたくなった人の数

にほんブログ村 ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。