贅沢

みなさん、こんにちは
かすてらです

昨日は宗谷岬まで1週間かからないと書きました

ここのところ2日で260km走ったりして自信があったからなのですが

ちょっと進むことに躍起になりすぎているかな、と思いまして


函館で同じライダーハウスに泊まっていた青年は1日に30km走って止まることもあると言っていて

僕はもうちょっと進まないと、と
そこまでの勇気はないなぁと話していたのです


なので昨日は僕も15時くらいに着いたキャンプ場でストップして、酒をかっくらって昼寝してみました



砂浜の海沿いなのに芝生もあって、広くてトイレも炊事場もコンビニもあって
最高の場所だったのです


無理なく進んだところにあるキャンプ場は近くにコンビニとかがなくて、硬い地面にテントを張らなきゃいけないようだったし

少し無理をしてたどり着くキャンプ場は立地はいいけど無理をしなきゃいけなかったし

それでも30分くらい悩みましたけどね(笑)


今日も、やらなきゃなーと思ってたことを済ませたりして、まだ出発していません

おかげでリフレッシュできました


今日は、今からきのう無理をしなきゃいけなかったキャンプ場に向かって出発しようと思います


ゆっくり進むのもいいもんですねー
熊さえ出なければ
スポンサーサイト

思い出の

みなさん、おはようございます
かすてらです

昨日の夜に札幌を出発し、石狩川の河口付近まで来ました

なぜ、わざわざ夜に出発してそんなところに行ったのかというと、僕が人生で初めて宿泊したライダーハウスがあったからです


ライダーハウスというのは、要は変わり者が集まるところです
北海道によく見られる、バイクとか自転車乗り専用の格安素泊まり施設ですね


どのくらい格安かというと、無料のところもあるくらいです

基本的な相場は1000~1500円てところでしょうか


徒歩の人は泊まれると思いますが、車の人は駐車スペースの関係で断られることが多いと思います


基本的には大部屋で雑魚寝
外観内装は昭和の貧乏学生の下宿といった感じ(親しみを込めた表現)なので、慣れてない人は抵抗があるかもしれません


さて、思い出の初ライダーハウス
名前は〈ライダーハウスKAZE〉です
石狩川河口付近にある無料の施設です


残念ながら先客がいて、既に寝てるようだったので外にテントを張りました
起きてたら図々しく入っていってました


朝になったら写真を撮ろうと思っていたら、大工さんが何やら修繕を始めたので写真も撮れませんでした

見た目はログハウス風のあばら小屋です
(親しみを込めた表現です)

外観はログハウス、内装はワンルームのログハウスにゴザを敷いただけ、というのが正しい表現でしょうか
初めて泊まるにしても衝撃的な施設です

おかげで、その後のライダーハウスが天国だと感じるようになったということにしておきましょう


ここ何日かは以前の旅をたどるように行動していたような気がします

たどりすぎて、札幌の出発も夜になっちゃったのかな…
おかげで札幌から石狩までの道は夜しか知りません(笑)
途中、本当に真っ暗です


そしてこれが石狩川の河口付近です



僕が立っている所から画像の対岸までの川幅は1km以上あるみたいです

また北海道のスケールの大きさを感じさせられましたね


さて、これからは宗谷岬を目指します
1週間はかからないかな

問題は宿泊
熊に襲われないように気をつけねばー

アウイエー

みなさん、こんにちは
かすてらです

昨日は、以前の旅の時にやんごとなき理由で野宿した駅・塩谷や、大好きなthe pillowsのボーカル・山中さわおさんの出身地である銭函(前回の旅の終着点でもある)を通って札幌に到着しました


風がパなくてヤバかったです

途中で「頑張っても無駄だから惰性だけで進もう」と決意したほどでした

終盤はホントに惰性だけで進んでました

でも雨は降らなかったので、そこは不幸中の幸いでしょうか


そうじゃなくてもその前2日は無理をしていたので、もう札幌に着く頃にはボロボロでしたね

そして札幌に着いてからの車通りと人の波ですよ


土日の札幌はヤバそうだなと想像はしていましたが、これ程とは…

さらにさらにゲーセンと泊まれそうな所と駐輪場とコインロッカーの配置のバランスの悪さ!
(完全に個人の事情)


月曜になって人が退けてから観光しようと思っていたのですが、くじけて今にも旅立ちたい気分…

今のうちにリサーチして、効率よく観光できるようにしておこうかな

….ところで札幌って何するの?

人生とは答えの無い旅

みなさん、こんばんは
かすてらです

なんやかんやあって今は余市にいます
余市は思い入れのある土地なので感慨深いです


以前、友達と北海道で自転車旅行をした時にも立ち寄りましたが、雰囲気はあまり変わっていませんでした


ただ、やっぱり他に人がいるのと一人旅では少し印象が変わりますね
今回の旅で、余市の事がもっと好きになりました

今日はその話をしましょう


ここ2日ほど無理をしたし、明日は雨が降るようなので、ある場所に泊まらせてもらうことにしました


そこのオバちゃんは面倒見が良い人で、非行少年少女の面倒も見ているそうなのです

僕が宿帳に名前を書いている時に、何気なく今日は他にお客さんはいないんですか?と聞くと

「旅人じゃないけど1人いる」

と少し濁されたので気になってはいました


今日は少年が1人いました

見た目は若いけど行動が大人びていたので幾つかなと思っていましたが、少し打ち解けてから聞くと、まだ高校生ということでした


親元を離れて人様のお世話になる程の非行少年と関わったことが無かったのですが、ここで僕が説教をするのは違うという事だけはわかったので、理解のある大人のフリをして話を聞いていました


オバちゃんが言うには、彼は素直な方だそうです
僕も話を聞いていてそう感じました
恐い少年じゃなくて良かった


今日ここで、彼にどう接するのが正解だったのか
もっと歳をとれば答えが出る日は来るのでしょうか

印象に残る1日になりました


ウイスキーをたくさん飲んで良い気持ちで酔っ払いながら書いています
(余市はドラマ〈マッサン〉の舞台です)


起きたら雨が降っているはずですが、札幌に向かって旅立ちましょう

また余市に訪れる日のことを考えながら

今日は何の日?フッフ~ゥ♪

みなさん、こんばんは
かすてらです

昨日はやっぱり函館で時間を潰し、今日から北海道旅を始めました

昨日は北海道でも警報とか出てたので、休んで正解でした


ところで、今日は夏至だそうですね
一年で一番昼が長い日です


今いる場所が北海道の最南端なので、もうちょっと進めば夏至の日の入りをカメラに納められるかな、と思ってワクワクしていました


でも、目的地のキャンプ場が営業しているかを近所の人に聞いてみたら、その辺りは夜真っ暗でトイレとかも無いし

何より時期的に熊が下りてきてる

というのを聞いて、即諦めたのでした


代わりに寝床として近くの道の駅を教えてくれました
地元の人、ありがとう


そういえば、今日の夕飯はその道の駅で食べたのですが、改めてここが北海道ということを思い知らされました


焼き魚定食を注文したんですけどね
これが出てきました



ホッケですね
頭から尻尾までで30cmくらいあったかなー

チェーン店の居酒屋で出てくるホッケとは訳が違いますね
ご飯おかわりしてしまいました


でも実は、ホッケが目的で焼き魚定食を頼んだんじゃないんですよ
本当の目的はこっち



これ、なんだと思います?
ヒントはですね、今いる所は『松前町』と言います


そうです
これは松前漬けです

ここが発祥の地なんですね
僕も道の駅で大々的に売り出されてるのを見るまで気付かなかった


ホッケも松前漬けも、どちらも美味しかったですよー
やっぱり道の駅は侮れない


桜の名所でもあるらしいので、ゴールデンウィークくらいに来るのが良いそうですよ
(北海道なので桜の時期も遅め)

会った人たちも良い人ばかりでしたー


明日以降、街の配置がちょっと予定が立てにくそうな感じなので、無理せず刻んでいきたいと思います

寒い(真顔)

みなさん、おはようございます
かすてらです

一昨日のうちに北海道に入ったのですが、熊やら走行距離のことを考えたらビビって進めなくなってしまいました

なので昨日はネカフェで漫画を読んだりゲーセンでゲームしまくったり、1日ダラダラして英気を養っていました


考えてみたら、今まで観光とかで立ち止まったことはあったけど、これだけ1日を無駄に過ごしたのは旅立ってから初めてでしたね

旅に出る前は毎日のように時間を無駄にしてたくせに

おかげでリフレッシュすることができました


というか、さすが北海道
やっぱり寒いです
朝晩の冷え込みがヤバイ…

ので、貰ったアームウォーマーに味をしめた僕は、厚手のアームウォーマーとレッグウォーマーを買ったのでした


いやー、暖かい
かさばらないし、最高です


…でもね、なんていうか、こう
レッグウォーマーって当然、左右で独立してるんですよね

そうすると、足の付け根のあたりが逆にスースーするんですよ

絶対領域てきな?

いや、もちろん端はズボンで隠れてるんですよ
でもすごく変な感じ


女の人がスカートを履くとこんな感じなのかなぁ、と

いや、僕はスカート履いたことないからわからないんですけどね
いや、履いたことないですよ、絶対、うん

この感じ、クセになりそう

慣れるまでに時間がかかりそうです


さて、本当は無理したくないんだけど、今日からしばらく雨なので仕方ない
出発しましょうか

北海道は梅雨が無いんじゃなかったのかー!

津軽海峡なう

みなさん、こんにちは
かすてらです

大間で一番大きいマグロを釣り上げた人がやっているお店でマグロを食べました!



この辺りの海ではイカもよく獲れるようなので、イカマグロ丼にしました
決してお金が無いからじゃありません
お金が無かったからです


このお店では、急速冷凍して解凍しても生に近い味で食べられるようにした物を出しているそうです

マグロ漁の期間が7月~翌1月らしいので、一番悪い時に来ちゃいましたかね


北海道から帰ってきたら生のマグロを出してくれるお店に行けたらいいなー
釣ったマグロは函館に行くって言ってたから、そっちの方がいいのかなぁ…


ちなみに↑の情報はバスで観光に来た団体客向けに船長さんらしき人が解説してるのを盗み聞きしたが勝手に耳に入ってきた情報です


というか、大間から函館に渡るフェリーは1日に2本しか無いので、むつからちょっと急ぎめで進んできたのですが、やっぱり制限時間がある旅は楽しくないですね
焦って心が荒みます

何のために期限を決めないで旅をしているかわからなくなっちゃいますね
まあフェリーの時間とかは仕方が無いんだけど


で、時間になったので自転車を船に積んで客室に向かったのですが…



最近のフェリーはエスカレーターがついてるんですね
ビックリした
『ばりあふりぃ』ってやつですかね


ということで海の上です



これから北海道です

寒いのかなぁ
大間も海からの風でかなり寒かったから、もっと寒いんだろうなぁ…


我慢できない寒さだったら防寒着を買うか…
どこに積めばいいんだ…

ビックリした

みなさん、こんばんは
かすてらです

昨日は色々あって八戸で買い物とかして1日過ごしました
靴とリュックが限界を迎えていたので買い換えました


お気に入りの靴とリュック、今までありがとう
新しいやつは快適です(下衆)


今回の旅に出るにあたって、鞄は全て防水の物を用意したのですが、どうしても荷物が入りきらなくて急遽リュックを持って行くことにしたので、リュックだけが防水素材じゃなかったのです

なのでリュックも防水の物を買いました
探すの大変だった


リュックって、僕もそう思うのですが収納命なんですよね
そうすると、どうしても構造的に防水にしにくくなってしまうようです


なので収納機能的には先代に軍配が上がりますが、やはり雨を気にしなくていいのはストレスフリーで良い


そしてさっそくが降りましたね(絶望)
でもしっかり防水してくれていましたよ!

雨のせいで靴の実力は測れていないので今後に期待


そういえば今日は函館で地震がありましたね

予定より1日遅れて下北半島を目指し、雨のなか海沿いを走っていたら急にスマホがビービー鳴りだしてビックリしました


確認したら「内浦湾で強い地震が~」と表示されてるじゃないですか
もうね、「おいいいいい、内浦湾てどこだよおおおおお!!!」って、凄い勢いで検索しましたよ(笑)

超ビビってました
結果、まったく揺れは感じませんでしたけど


今日泊まる宿が昔懐かしのテレビが有料なシステムで、僕もイマイチ情報が掴めてません

被害が大きいようだったらちょっと手伝いでもしていこうかなぁと思ってます

冷やかしが迷惑だったらさっさと通り抜けちゃいましょ


というかフェリーは大丈夫なのか…
ダメだと大間で数日過ごすことになるのか…

マグロが食べ放題だな!
熊除けスプレーを握りしめながら

ついにアフィリエイト

みなさん、ふたたびこんばんは
かすてらです

みなさんは〈カウンターアソールト〉という名前を聞いたことはありますか?
ほとんどの人が聞いたことないと思います

今回はその〈カウンターアソールト〉を紹介したいと思います

まずは現物を


これが、その名も〈カウンターアソールト・ストロンガー〉です


勘のいい人はもう気付いたでしょうか
そう、これは熊撃退用のスプレーです


ここのところの熊が人を襲うニュースを見ていて、僕は思っていました
襲われた人達もこれを持ってれば助かったかもしれないのに、と


これは仮定の話ですが、もし最初に襲われた人がスプレーを持っていたら、熊が「人間ヤベェ」と人に近づかなくなり、その後の被害も出なかったかもしれません


銃を簡単に所持できないこの日本で、僕たち一般人が唯一、熊と対面した時に身を守れる手段がこの熊除けのスプレーだと僕は思っています


熊除けの鈴は人に慣れていない熊を遠ざけるためのもので、対面してしまった時には役に立ちません
人を襲ったことがある熊には、逆に居場所を知らせてしまうことになるかもしれません


僕も持ってはいるけど、熊がいるところに近付きたくないので基本的に使うつもりはありません
どちらかというと、これを持っていれば熊に遭遇しないんじゃないか、というお守り感覚で持っています


交通安全、合格祈願、安産祈願など、お守りを持ちますよね?
熊に遭遇しませんように
その感覚です


自分だけは大丈夫という感覚は、いざという時に命を落としてしまうのです
人間、最後の最後は自分でなんとかするしかないのです
それでダメだったら諦めましょう


持ってればよかった、なんて思いたくないですよね
僕もこれからしばらくは取り出しやすいところに忍ばせて旅をしたいと思います


以上、今回のテーマは『命を考える』でした
重すぎる
『転ばぬ先の杖』でした


ちなみに、使い方としては


上の方に付いている白いパーツが安全装置になっているので、それを外します

するとこうなります



この状態で輪になっている所に人差し指を通し、上の出っ張っている所を親指で下にグッと押し込みます



すると、この赤い噴出口からスプレーが噴射されます


カタログスペックでは5~10m、最大9.2秒、スプレーが噴射されるそうです
何回かに分けて使う事もできるようなので、状況によって使い方を変えた方がいいと思います


風向きなどで射程が変わったり、最悪自分にかかる事もあるそうなので、そのあたりは少し注意


あと、5~10mガスが出るということで反動も結構なものらしいので、念のため空いている方の手で缶の部分を支えた方が狙った所にシッカリ噴射できるかもしれません


間違っても人に向けて使ってはいけません
傷害事件になります


細かい話をすると、高圧ガス扱いなので厳密にはこれを持って電車に乗ることはできません
電車で登山に向かう時はこっそり持ち込みましょう


飛行機は絶対無理ですよね?
あんまり乗ったことないからわからない


ということで、これから登山に、北海道に行こうという人は持っていて損はないんじゃないでしょうか

買おうと思った人は、是非こちら↓から!



噴射時間が2秒少なくて3000円安い方も貼っておきますねー



上手くできてるかな?
まだよくわかっていなくてすみません


あ、ちなみに購入したままの状態だと、安全装置のところがさらに黄色い結束バンドで固定されています
熊に遭遇した時に結束バンドを瞬時に切ることは不可能なので、あらかじめ取り外しておきましょう


まさか間違える人がいるとは思わないけど、自分の体に振りまいて虫除けみたいに熊が寄ってこない~、という物ではないですからね
撃退用です


絶対に間違えないでくださいね
絶対ですよ


アフィリエイト、最初はキャッチーなのからって言ってたのに、だいぶピーキーなやつから始めちゃったなー

熊がヤバイ

みなさん、こんばんは
かすてらです

実は昨日は道に迷ったりで久慈にたどり着けず
今日、久慈を通って八戸まで来たのでした


青森ですよ、青森!
ついに本州最北端の地に足を踏み入れましたよ!


で、八戸、特にやることないなーと思いながらスーパー銭湯に入ってご飯を食べてくつろいでいたら、テレビでニュースがやってるわけです


マグロ漁で有名な大間で、熊の目撃情報が相次いでいるんだとか

青森全体か大間内でかは失念しましたが、すでに目撃情報が去年の同じ時期に比べて40件も多く、すでに100件を超えてるんだとか


やべえ
熊やべえ


ということで、親からも野宿禁止令が出てるし、出てなくても野宿したくなくなったので、ここから大間までは少しスタイルを変えます

あらかじめその日の目的地を決めて、刻んでいくことにします


明日は六ケ所村、明後日はむつ、3日目で大間まで行きます
できれば3日目のうちに函館まで行きたい…

フェリーの時間が早いので、ちょっと急がないといけないんですよね…


あぁ、でもそうすると大間でマグロが食べられない…どうしよう…

大間でちょっとゆっくり…どうしよう…


北海道も熊いるのかな…

よし、今日はもう一つ記事を更新します
みんな見てねー!

プロフィール

かすてら

Author:かすてら
カステラ大好きなオジサンが自転車で日本一周をします
うどんも辛い物も好きです
どうろはぜんぶたいらなのがいいとおもいます

カステラを食べたくなった人の数

にほんブログ村 ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR